プロジェクトリーダーワークショップ 

12月29日~30日、1泊2日にかけ、YILの青年3名とコミュニティリーダー6名が参加するなか、「プロジェクトリーダーワークショップ」が開催されました。この研修の目的は、ビジョンをもって実際にボランティアプロジェクトを実施できる専門性を培うことにあり、一方的な講義スタイルの研修ではなく、グループディスカッションをふんだんに盛り込んだ参加型学習プログラムとしてスケジュールが組まれています。

参加者は3グループに分かれ、1日目は、まず顯進様が提唱されているビジョンやボランティアの専門教育、プロジェクトの企画、プロジェクトリーダーの役割等を学び、2日目には、プロジェクトの実行、評価方法を学んだ後、実際にグループごとでプロジェクトを企画し、発表し合う時間をもちました。

私たちが過去、イスラエル民族がカナンに同化した間違いを繰り返さず、グリーンフィールドで真の愛を実践し、心情文化を拡散して行くためには、明確なビジョンを持ち、具体的なプロジェクトを企画・実行・評価することのできる一連のノウハウを学んでいく必要があります。

今回のワークショップは、顯進様のビジョンにもとづき、専門性を深める機会となりました。下記は参加者の感想(一部抜粋)となります。

************

平和に対する説明が分かりやすく、一つ一つが丁寧で、きれいにまとまっていたので頭に入ってきました。企画会議は真剣に考えられて楽しかったです。実際に実現できそうなプランが作れたので満足しています。何かを企画する際は、今回教わったことを参考にしたいと思います。(20代女性)

************

ボランティアに対する視点が変わりました。初めて聞く内容ばかりで、とても勉強になりました。ボランティアの経験はいくつかありますが、きちんとした目的やビジョンを持っていなかったため、目的やビジョンがあるのとないのとでは、意識は全く変わって来るなと思いました。限られた人生のなかで、良いことをしていけたらいいなと思いました。(30代女性)

************

色々な企画をしてきた経験があるが、いかに粗雑に企画し、実行してきたか反省させられた。これを境に、この基本に則って、確実な実りあるボランティア、ために尽くす、よい文化づくりをどんどんしていきたい。よいガイドをしていただいて感謝です。(70代女性)

************

もっと多くの人に集まってほしかったです。内容としてはかなりの充実性を感じました。シルバー人材センターでもボランティア活動を展開しており、私たち夫婦もセンターに登録し、ボランティア会員となっていますが、登録にあたり、半日のセミナーがあり参加しました。…今回のワークショップにそれも加味して、より実りあるものに充実して取り組んで行きたいと思わされました。年末の忙しいなか企画して下さり、また声をかけてくださり、ありがとうございました。次世代につなげるべく、努力前進していきます。(60代男性)

関連ブログ記事